事故交通事故は、車を運転している方だけの物ではありません。バスやタクシーに乗っている時に交通事故にあう可能性もありますし、バイクや自転車などを運転している時に交通事故にあうというのも珍しくありません。また、青信号で渡っている時や歩道を歩いている時に飲酒運転の車や余所見運転の車が突っ込んでこないとも限りません。今や誰もが交通事故の被害者になりうる状況になっているのです。

交通事故にあうと人身事故と物損事故に分かれます。物損事故は単純に車と車のような物同士の事故になり、運転手や被害者の方に怪我はありません。しかし大抵の場合には、人身事故といって交通事故の当事者が怪我をするといったケースになります。交通事故の規模の大きさによっては、軽い打ち身や捻挫から、骨折や裂傷、心肺停止、脳障害などかなり重い怪我まで様々です。

交通事故の場合には、どのような怪我、どのような部位なのかによって治療方法は異なるのは当然の事ですが、慰謝料も変って来てしまいます。また交通事故の怪我の中には一生懸命に適切な治療を行っても完治せずに後遺症が残るような怪我もあります

後遺障害が残ってしまう症状も色々とありますが、上肢機能障害という後遺障害もかなり割合の多い障害になります。上肢機能障害と言われても聞き覚えのないという方が殆どだと思います。そこでこちらのページでは、後遺障害の中でも比較的多い上肢機能障害の基礎知識についての情報をご紹介します。