事故交通事故の後遺障害の中でも多い上肢機能障害とはどのような症状なのかを簡単にご紹介します。上肢機能障害の上肢とは、肩関節と手首、ひじ関節の三つの関節に加えて、手のひらや指など肩から指先までの部位を指す言葉です。上肢機能障害という言葉になると、肩から指先までに残った後遺症のように思われるかも知れませんが、実は後遺障害の場合には、肩から手首までを指す言葉になり、手のひらや指の障害は含まれなくなっております。手のひらや指先は人体においてもかなり重要度の高い部位になりますので、上肢機能障害とは別に後遺障害認定基準が設けられているので間違えないようにしてください

上肢機能障害は、欠損障害と機能障害変形障害の三種類の障害に分かれます。それぞれ症状が異なりますし、認定基準もことなります。また慰謝料や遺失利益なども異なりますので、同じ上肢機能障害だったとしても、全く違った内容というように考えるのが理解しやすいと言えます。

上肢機能障害は、肩から手首までに障害が残る症状になります。日常生活に直接的に悪影響を与えられる物になりますので後遺障害等級認定を適切に受ける必要があります。個人で申請する事も可能ですが、一般的には弁護士に依頼するのがベストだと言えます。

参考・・・上肢機能障害について≪交通事故被害者救済サイト≫